2012年09月14日

【送料無料】池上彰の宗教がわかれば世界が見える [ 池上彰 ]

【送料無料】池上彰の宗教がわかれば世界が見える [ 池上彰 ]【送料無料】池上彰の宗教がわかれば世界が見える [ 池上彰 ]オススメ度:★★★★

文春新書 池上彰 文藝春秋発行年月:2011年07月 ページ数:269p サイズ:新書 ISBN:9784166608140 池上彰(イケガミアキラ)1950年、長野県生まれ。慶応義塾大学卒業後、73年NHK入局。報道記者として、松江放送局、呉通信部を経て東京の報道局社会部へ。警視庁、気象庁、文部省、宮内庁などを担当。94年より11年間、NHK『週刊こどもニュース』でお父さん役をつとめ、わかりやすい解説が話題に。05年3月にNHKを退社し、フリージャーナリストとして多方面で活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 第1章 宗教で読み解く「日本と世界のこれから」ー東日本大震災・ビンラディン殺害・中東革命/第2章 宗教がわかる!ほんとうに「葬式はいらない」のですか?ーvs.島田裕巳(宗教学者)/第3章 仏教がわかる!1 「南無阿弥陀仏」とはどんな意味ですか?ーvs.釈徹宗(浄土真宗本願寺派如来寺住職)/第4章 仏教がわかる!2 仏は「生・老・病・死」を救ってくれますか?ーvs.高橋卓志(臨済宗神宮寺住職)/第5章 キリスト教がわかる!「最後の審判」は来るのですか?ーvs.山形孝夫(宮城学院女子大学名誉教授)/第6章 神道がわかる!日本の神様とはなんですか?ーvs.安蘇谷正彦(國學院大学前学長)/第7章 イスラム教がわかる!『コーラン』で中東情勢がみえますか?ーvs.飯塚正人(東京外国語大学教授)/第8章 宗教と脳がわかる!「いい死に方」ってなんですか?ーvs.養老孟司(解剖学者)/おわりに 宗教は「よく死ぬ」ための予習 人はなぜ宗教を求めるのか?日本人は「無宗教」なのか?スピリチュアルブームの正体は?仏教、キリスト教、イスラム教の3大宗教から、神道、ユダヤ教まで、7人の賢人と池上さんが読み解いた。世界を正しく理解するために必要なエッセンスがこの一冊に。 本 人文・思想・社会 宗教・倫理 宗教学 新書 美容・暮らし・健康・料理
さらに詳しい情報はコチラ≫


[PR]
posted by auxdl at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。